『鬼父2-REVENGE-  Glamorous Edition』〜水着で合粛ハメ指導♥〜

通常価格: 6,264  (税込)
4,385  (税込)
(税抜 4,060 ) 30%OFF
必要ポイント数: 4060 point
ACHDL1023
+


※上記価格の下の「オプション」で特典テレカ(テレカ1枚¥800)を選べます!!


以下より、ご希望の特典テレカ番号をお選び下さい。

【1】
「巨乳エプロンパイズリ搾りとほのぼの腹黒お漏らし」
【2】
「卑されおかっぱお袴”ッ娘倍返し」


04/28発売「GEシリーズ 鬼父2-REVENGE-」作品公式ページはコチラ


〜水着で合粛ハメ指導♥〜
本編60分 / MPEG2 / STREO HIFI / 16:9 / Color
JAN:4562215337129
2016年04月28日発売

おバカで袴ッ娘の棗ちゃんと真面目おかっぱ晶ちゃんと腹黒ほのぼのふゆちゃん達がGEシリーズとして凝縮登場!!
REVENGEシリーズの「巨乳エプロンパイズリ搾りとほのぼの腹黒お漏らし♥」「卑されおかっぱお袴”ッ娘倍返し♥」をまとめてお安くパッケージ!
エロ可愛おバカな娘’sが魅せる肉棒合宿指導はジュ〜シィさ抜群に盛り可愛凝縮っ!
今作を是非ッ珠玉のHENTAIコレクションにっ!
パッケージは新規描き下ろしですっ!

※注意
本編内容は発売中の「巨乳エプロンパイズリ搾りとほのぼの腹黒お漏らし」(JAN 4562215333459)「卑されおかっぱお袴”ッ娘倍返し」(JAN 4562215333473)と同じになります

<STORY>

【巨乳エプロンパイズリ搾りとほのぼの腹黒お漏らし♥】
棗はタオルを洗いながら賢一に後ろから突き上げられています
夏の剣道部合宿としてやってきた海の近く。他のみんなはさっさと走りに行ってしまうのを遠目にムスッと険しい視線を向けながらバレないように必死に声を押し殺していました
「ったく、風邪ひいてんのにこんなことばかりして……バカッ」
引率役を引き受けた賢一は風邪気味でしたが、獣欲にそんなことは関係なく、娘たちに発情しまくりの滾る肉棒を鎮める為にところ構わず襲うのです
「バカとはなんだ、親に向って。躾けが足りないか?」
「あぅぅ……ご、ごめんなさい……」
ちなみに生意気袴っ娘は学習能力ゼロです

晶は賢一が引率ということでついでにと長女の遥以外は同行し、マネージャー代わりにお世話をしていたのです。ところが……
「や、ヤメテ下さいッ……誰ですかッ」
食堂で皆の食事の用意に勤しんでいた晶は、むっちりとボリュームのあるたわわな乳房を鷲掴みにされながら、いきなり羽交い締め状態です。必死に抵抗するものの、誰とは気付かない男の腕に好き勝手に弄られます。なんとなく聞き覚えのある声も、状況が理解させてくれません。逃げようにも押さえ付けられたままに突き入れられる肉棒の感触に、絶望を見つめてしまうのでした。

ふゆは岩場の陰でおしっこをしようとしていました。しゃがみながらも携帯を片手にぴこぴこ打ち込むのはお姉ちゃん達への何かでしょうか。そんなふゆが、ふと影に覆われたのに気付いた時には剥き出しの肉棒が目の前に聳え立っていたのです。
「や、え……なに、これ……なんで」
考える間もなく無理矢理口中に突っ込まれる肉棒は咽の奥まで深々と埋まり、掴まれた頭を強引に動かされるふゆに為す術はありません。恐怖に身体が竦んでしまい、されるがままに白濁を注ぎ込まれるとさらにはまんぐり返しに転がされ、拙くも鬼畜な近親肉棒に馴染まされた肉壺に、誰のか判らない肉棒を無慈悲に埋められていくのでした。足の間から見上げる人影は真夏の照りつける太陽に遮られよく見えません。泣きながら見上げ、懇願し続けるふゆでしたが、その動きが止まることはありませんでした。

【卑されおかっぱお袴”ッ娘倍返し♥】
その時、おバカ袴ッ娘の棗は、スパッツをずり下ろしシャツをまくり上げ
弱々しく哀しげな表情でトイレの中に佇んでいました……
「まったく、いつまでお前の下の世話をしなきゃならんのだ……」
ぶつくさと文句を言いながらむき出しのつるっつるの股間に顔を埋めているのは鬼畜パパ
「う、うっさいわ、腰が抜けたんだっての……」
文句を言うもお漏らしッ娘の後ろめたさからいつもの強気は感じられない棗でした……

おかっぱ巨乳の晶ちゃんはそんなことは露知らず、そわそわと鬼畜パパが戻るのを待っておりました。
そこに舞い戻った鬼畜パパからの言葉に驚愕の晶ちゃん
「うそ……写真まで撮られたの……」
びっくり仰天な晶ちゃんに追い討ちをかけるようにパパからの更なる言葉
「メールの指示に従わなければ写真をばらまくって……そんな、お父さんとの関係がッ……」

悲壮な晶ちゃんを大浴場で突き上げるのは鬼畜パパ
「えっちな指示ばかりされて……それを見られてるなんて……」
晶ちゃんから漏れでる憂鬱な言葉。しかしパパからの突っ込みは厳しく
「なんだ?晶?濡れてるのか?嫌々やっているはずなのに感じてるのか?露出狂なのか?」
驚いた様子でズコズコ突き上げる鬼畜パパからの言葉に真っ赤になって否定する晶ちゃん
「うそッ、わたし感じてなんかないよ、こんなの嫌だもん、感じるわけないでしょッ」
必死の言葉に、納得の鬼畜パパ
「そうだよな。俺の娘が露出狂の変態なわけないよな」
安心したようなパパでしたが、更なる突っ込みが止むことはありませんでした

「どうしてっ、違うって言ってるのにぃ、なんでぇ……」
涙目の晶ちゃんは巨乳を揺らしながら必死に否定し続けるのでした……

ブランド:
  • PoRO