『鬼父Re-born 〜小生意気なホッと一息♥〜』 GlamorousEdition

通常価格: 6,264  (税込)
4,949  (税込)
(税抜 4,582 ) 21%OFF
必要ポイント数: 4582 point
ACHDL1011
+


※上記価格の下の「オプション」で特典テレカ(テレカ1枚¥800)を選べます!!


以下より、ご希望の特典テレカ番号をお選び下さい。


【1】
「小生意気な秘湯めぐり〜旅情編〜」


【2】
「小生意気な秘湯めぐり〜姉妹丼道連れ編〜」


11/27発売「GEシリーズ 鬼父Re-born」作品公式ページはコチラ


〜小生意気なホッと一息♥〜
本編60分/16:9 ビスタ/ステレオ/カラー
JAN:4562215336436
2015年11月27日発売

小生意気が、電車で、露天で、旅館で魅せる、ろーどむ〜び〜ふぁっくシリーズをDVD1枚に収めてお得なプライスでむぎゅっと凝縮された魅力的なボリュームパッケージ「GlamorousEdition(グラマラスエディション)」シリーズとして登場ですっ!!
いつもと違って、旅先で魅せる小生意気のツンデレ加減は絶妙のエロ可愛さっ!小生意気は色んなパッケージで神出鬼没ッ!Blu-ray、Repriceに続く新たな鬼父コレクターズアイテムとして是非っ珠玉のHENTAIコレクションにっ!パッケージは新規描き下ろしですっ!

※注意
本編内容は発売中の「小生意気な秘湯めぐり〜旅情編〜」(JAN 4562215332278)「小生意気な秘湯めぐり〜姉妹丼道連れ編〜」(JAN 4562215332872)と同じになります


<STORY>

【旅情編】
もうぅぅ、コイツとは絶対やだぁ〜って言ったのにぃ、お姉ちゃんたらぁ……
せっかく一緒に温泉旅行って思ったら急に遅れて行くなんて。一日遅れるからそれまでは変態オヤジと二人でって……
冗談じゃないってーの。愛莉はまだ許してないんだから……
お姉ちゃんは早く仲良くするように言ってたけど、ぜ〜ったいヤだかんね。こんなクズどっかに行っちゃえ……
なんて、ダウナーな顔して電車窓から景色を見てたらいきなり飴玉だしてきたんだよね。
ニヘラって愛想笑いして。しょーがないから食べてやったけど……疑いもなく口にした愛莉が悪いんだけど……
っっ〜〜〜〜コイツったらコイツったら、まーた性懲りもなく愛莉のこと〜〜〜っ
好き勝手弄り回すし、足指で大事なとこ擦ってくるしっ!おまけにおトイレ我慢出来なくなったら
お姫さま抱っこでトイレに連れ込んで……ま、まぁ、ちょっとはいいトコあるかもだけど♥
と思ったら、この狭い個室に無理矢理一緒に入った揚げ句に愛莉を抱えておしっこさせて
その上変態パパ棒で激しく突き上げてきて………このこのって抵抗しても力入んないし……
もぅ、訳解んないっ、何なのコイツ……

そんな車内の憂鬱な時間も温泉街に着いたら気分一新〜って思ったら
やっぱりコイツはクズでした……
お姉ちゃんが来るまではしょうがないから二人きりだけど……終いには
あんなことまで……もぅ、どうなんのよぉ、温泉〜

【姉妹丼道連れ編】
お久しぶりです真理奈です。
わたし拗ねてます、嫉妬してます、じぇらし〜ですッ!
メインを張れず日陰にいるばかり……出てもお情け程度の扱い……妬ましい思いがわたしを黒く染めていく事も……
でも……ようやく戻ってきましたッ。この景色をもう一度見たかったんですッ!
清楚ではしたなくてとてもえっちなわたしを見せちゃうんですッ!再ブレイクなんですッ!
といっても、わたしが気張っても誰も応援してくれなかったらヤなんですけど………
そんなこんなで愚痴はひとまず置いといて
今回はすでに到着していた愛莉とお父さんを追いかけて、温泉旅館にヤって参りました。そしたらびっくり……いきなり、愛莉はその……おとうさんに入れられっ放しで寝ているし……まぁ、仲よくなったのはいいんですけど、なり過ぎなんじゃないの……と思ってたら、風邪引いちゃって、うんうん唸ってるし……。そんな愛莉を心配していたのにお父さんったら……いきなり座薬をお尻に入れようとしたり、それを注意したら後ろから抱きすくめられておっぱい揉まれながら激しく入れられちゃったんです。寝ている愛莉の上で強引に……すっごく恥ずかしくって、でも同時に感じてしまって……はしたない女なんです、わたし。でもその時のお父さんの一言にはむかつきました。あんなこと言うなんて、ヒドイッ……そんなところで目を覚ましたのが愛莉だったんです。でも様子がおかしくって……どうしてこんなことに……神様っていないんですね。ホント、後にも先にもあんな経験はもうしたくないですぅ。それでもあんなに可愛くじゃれつく愛莉は久しぶりで……お父さんとも……ホンの少しいいかなって思うようになったし……久しぶりの旅行、スゴク解放感で、わたしのブラックな奥まで開放されてしまうようで………
皆で楽しめたんです、3人で仲良く……この楽しい光景がずっと……ずっと続くといいなと思ったんです。でも現実は厳し過ぎて、このまま戻ったらもぅ……だから……ここで終りにしようと思いました。お母さんには悪いけど、わたしたち3人は……