『鬼父2 BOX 〜お袴”巨乳腹黒天然4姉妹躾け狂イク♥〜』

通常価格: 10,584  (税込)
6,350  (税込)
(税抜 5,880 ) 40%OFF
必要ポイント数: 5880 point
ACHDL1060
+


※上記価格の下の「オプション」で特典テレカ(テレカ1枚¥800)を選べます!!


以下より、ご希望の特典テレカ番号をお選び下さい。

【1】
「パッケージデザイン」
【2】
「描き下ろし」


7/28発売 DVD BOX『鬼父2 BOX』作品紹介&PV動画はコチラ



鬼父2 BOX
2017年/本編30分×5話/MPEG2 / STREO HIFI / 16:9 / Color
JAN:4562215338768
2017年7月28日発売

■STAFF
原作:鬼父2(ブルーゲイル)
企画:いちもつ堂 / プロデューサー:天手毛天 / 脚本:PON / キャラクターデザイン:きのはらひかる / 製作:PoRO

おバカ生意気袴っ娘、やんデレ巨乳、天然巨乳に腹黒末妹と
ボリュームアップな娘’sで人気のPCゲーム「鬼父2」を原作としたアニメシリーズを
全部まとめてお得なパックでご賞味あれっ!
豊潤な肉体を持つ娘を我が物顔で辱めし尽くす鬼畜な父親に、
白濁まみれで抵抗する姉妹たち!
エロ可愛4姉妹の瑞々しい肢体の肉棒指導をエロ可愛BOXとして丸ごとリリース!
エロ可愛さ抜群の少女たちが魅せる辿々しい行為、
報われない恥ずかしさはジュ〜シィに蕩けていく今作を是非ッ珠玉のHENTAIコレクションにっ!
新たに描き下ろしのメインビジュアルでエロ盛り濃縮ですッ!


■収録作品


ACPDL1019 鬼父2 上巻 「おバカな袴っ娘の反省」
ACPDL1020 鬼父2 下巻 「巨乳と天然と卑しと嫉み」
ACPDL1057 鬼父2-REVENGE- 「巨乳エプロンパイズリ搾りとほのぼの腹黒お漏らし」
ACPDL1058 鬼父2-REVENGE- 「卑されおかっぱお袴゛ッ娘倍返し」
ACPDL1069 鬼父2~harvest~ 「天然巨乳のハメロス日和」


【story】


【上巻 「おバカな袴っ娘の反省」】
剣道部、袴っ娘の棗。他に娘3人。
父一人の父子家庭ではあるが、可愛げに成熟し始めている娘達に囲まれていたのだが……
粗野で生意気な娘に頭を痛める賢一は、言うことを聞かず、同僚の教師からも問題児として
認識されてしまっている棗を教育する為、剣道部活後を狙い、袴姿の棗に覆いかぶさっていく……
少なくとも父親としては何とか出来ていた賢一からの辱めに驚く棗ではあったが、
小柄で稚拙な肉体では何の抵抗もすることは出来なかった……
胴衣を捲り上げられ、まだ幼さの残る蕾を無理矢理にこじ開けられ埋められる獣棒に、泣き叫ぶことも出来ず
背徳の種を植え付けられる……
「あ、あんた……娘に、こんなふざけたことするなんてっ」
怒りに任せる棗を畳み込むように告げられる
「お前だけは養女なんだよ。養女の癖に他の姉妹を路頭に迷わせるのか?」
がく然とする棗のカラダから垂れ落ちる白濁が乾く間もなく、再び擦り付けられるように
賢一はカラダを重ねていった……


【上巻 「おバカな袴っ娘の反省」】

【下巻 「巨乳と天然と卑しと嫉み」】
襲われた棗は誰にも言えずに賢一にされるがままになっている。
合宿から帰ってきた遥にからかわれながら、テーブルの下では賢一の足で秘部を弄られていた……風呂場では跪き
しゃぶらされながら白濁にまみれていく棗。かすかな抵抗を見せつつも肉棒は子宮の奥に深々と打ち付けられるのであった
「は、早く、しちゃってよ……」
「お前は俺に命令できる立場か?」
髪の毛をつかみ引き上げられた棗の顔は悔しさで歪みつつも素直に
「くっ…………ごめんなさい……」
控えめな乳房を揺らしながら、悔しげに歪む棗であった………

風邪で寝込んでいたふゆ。見舞った賢一はカラダを拭いてやろうと服を脱がせる
遠慮するふゆであったが強気に言われる賢一の言葉に従うしかなく……胸元、脇のしたと汗まみれのふゆのカラダを
タオルではなく賢一の舌がネットリと拭っていく……驚くふゆに見せる携帯。唯一のヒミツが明かされ呆然とするふゆは……
股を開かれその中心に非情な肉棒を受け入れるのであった……
一方、その賢一とふゆを見てしまう遥……信じられない状況に混乱の遥は……自分が何とかしないとという思いで妹達に
手を出させないようにと自らを賢一の前に晒していく……
「わ、私が代わりになるから……ふゆ達にはもう……」
「満足させたらな」
ムッチリとしたカラダを横たえる遥を見下ろしながら、賢一の肉棒が開かれた遥の膣内へと突き進んでいく………
大好きな父親の凶悪なオトコがじわじわと体内に侵入するのを感じながら、遥は切なげに瞳を揺らしていた……


【下巻 「巨乳と天然と卑しと嫉み」】

【巨乳エプロンパイズリ搾りとほのぼの腹黒お漏らし♥】
棗はタオルを洗いながら賢一に後ろから突き上げられています
夏の剣道部合宿としてやってきた海の近く。
他のみんなはさっさと走りに行ってしまうのを遠目に
ムスッと険しい視線を向けながらバレないように必死に声を押し殺していました
「ったく、風邪ひいてんのにこんなことばかりして……バカッ」
引率役を引き受けた賢一は風邪気味でしたが、獣欲にそんなことは関係なく、
娘たちに発情しまくりの滾る肉棒を鎮める為にところ構わず襲うのです
「バカとはなんだ、親に向って。躾けが足りないか?」
「あぅぅ……ご、ごめんなさい……」
ちなみに生意気袴っ娘は学習能力ゼロです

晶は賢一が引率ということでついでにと長女の遥以外は同行し、
マネージャー代わりにお世話をしていたのです。ところが……
「や、ヤメテ下さいッ……誰ですかッ」
食堂で皆の食事の用意に勤しんでいた晶は、
むっちりとボリュームのあるたわわな乳房を鷲掴みにされながら、
いきなり羽交い締め状態です。必死に抵抗するものの、
誰とは気付かない男の腕に好き勝手に弄られます。
なんとなく聞き覚えのある声も、状況が理解させてくれません。
逃げようにも押さえ付けられたままに突き入れられる肉棒の感触に、絶望を見つめてしまうのでした。

ふゆは岩場の陰でおしっこをしようとしていました。
しゃがみながらも携帯を片手にぴこぴこ打ち込むのはお姉ちゃん達への何かでしょうか。
そんなふゆが、ふと影に覆われたのに気付いた時には剥き出しの肉棒が目の前に聳え立っていたのです。
「や、え……なに、これ……なんで」
考える間もなく無理矢理口中に突っ込まれる肉棒は咽の奥まで深々と埋まり、
掴まれた頭を強引に動かされるふゆに為す術はありません。
恐怖に身体が竦んでしまい、されるがままに白濁を注ぎ込まれるとさらにはまんぐり返しに転がされ、
拙くも鬼畜な近親肉棒に馴染まされた肉壺に、誰のか判らない肉棒を無慈悲に埋められていくのでした。
足の間から見上げる人影は真夏の照りつける太陽に遮られよく見えません。
泣きながら見上げ、懇願し続けるふゆでしたが、その動きが止まることはありませんでした。


【巨乳エプロンパイズリ搾りとほのぼの腹黒お漏らし♥】

【卑されおかっぱお袴”ッ娘倍返し♥】
その時、おバカ袴ッ娘の棗は、スパッツをずり下ろしシャツをまくり上げ
弱々しく哀しげな表情でトイレの中に佇んでいました……
「まったく、いつまでお前の下の世話をしなきゃならんのだ……」
ぶつくさと文句を言いながらむき出しのつるっつるの股間に顔を埋めているのは鬼畜パパ
「う、うっさいわ、腰が抜けたんだっての……」
文句を言うもお漏らしッ娘の後ろめたさからいつもの強気は感じられない棗でした……

おかっぱ巨乳の晶ちゃんはそんなことは露知らず、そわそわと鬼畜パパが戻るのを待っておりました。
そこに舞い戻った鬼畜パパからの言葉に驚愕の晶ちゃん
「うそ……写真まで撮られたの……」
びっくり仰天な晶ちゃんに追い討ちをかけるようにパパからの更なる言葉
「メールの指示に従わなければ写真をばらまくって……そんな、お父さんとの関係がッ……」

悲壮な晶ちゃんを大浴場で突き上げるのは鬼畜パパ
「えっちな指示ばかりされて……それを見られてるなんて……」
晶ちゃんから漏れでる憂鬱な言葉。しかしパパからの突っ込みは厳しく
「なんだ?晶?濡れてるのか?嫌々やっているはずなのに感じてるのか?露出狂なのか?」
驚いた様子でズコズコ突き上げる鬼畜パパからの言葉に真っ赤になって否定する晶ちゃん
「うそッ、わたし感じてなんかないよ、こんなの嫌だもん、感じるわけないでしょッ」
必死の言葉に、納得の鬼畜パパ
「そうだよな。俺の娘が露出狂の変態なわけないよな」
安心したようなパパでしたが、更なる突っ込みが止むことはありませんでした

「どうしてっ、違うって言ってるのにぃ、なんでぇ……」
涙目の晶ちゃんは巨乳を揺らしながら必死に否定し続けるのでした……


【卑されおかっぱお袴”ッ娘倍返し♥】

【天然巨乳のハメロス日和♥】
「お父さん。こんなのへンだよ。もうやめよう。また昔みたいに……ね」
トイレの中でズボンを降ろした遥お姉ちゃんは目の前に立つ鬼畜パパに訴えていました
「そうか……わかった。ただ、おしっこはしなきゃならん」
適当な相づちと強制で娘を追いつめる鬼畜パパは今日も性欲満々に勃起中です
妹達に向けられる近親肉棒にこれ以上犠牲にさせられないと遥お姉ちゃんは
長女としての責任として鬼畜パパの説得を試みていたのでしたが……

「な、なに、アンタ達そんなにお父さんとしてるの?」
自分の知らないとところで、海での合宿でハメまくりの妹達の言葉に驚愕の遥お姉ちゃん。それどころか
「別にイヤがってるわけじゃないし……」
鬼畜パパどころか妹達までもが変態洗脳されていっているのを感じる遥お姉ちゃんは、自らを犠牲にするべく
「ダメよっ、ダメダメ。そんなのいけない。おかしいよ。お姉ちゃんが説得するから。アンタ達はしちゃダメだからね」
めっと怒る遥お姉ちゃんの迫力に圧倒されてしまう妹達でした

「ちょっとっ、やめてよっ。ここでバイトするの好きなんだから、変なことしないでっ」
バイト先のファミレスで、トイレに追い込まれる遥お姉ちゃん。
目の前に聳える鬼畜パパ棒に必死に抵抗しようとするのでしたが……


【天然巨乳のハメロス日和♥】

ブランド:
  • PoRO